未経験者向け!Javaの面白さって?

Javaの面白さとは?

よくプログラミング言語の中で、どれが一番仕事をしていて面白いかという話題がIT業界では出ていきます。これは極論としては人それぞれになってしまうのですが、多くの人がJavaを最も面白いものとして上げることが多いのも事実です。一体コレはどうしてなのでしょうか。そんなJavaの面白さの秘密について迫っていきましょう。

Javaの魅力は数多い!

Javaが面白い理由として、そのできることの豊富さからそう感じることが多いという人が沢山居ます。Javaはハッキリ言えばなんでもでき、Webだってスマホ向けのアプリだって何でも得意分野です。それに加えてどんな端末でも実行できるので、活躍できない分野がないのがJavaの魅力でしょう。こういったことは他の言語ではそうはいかないのであり、こういった汎用性に面白さを見出すという人は多いのです。かなり多くの操作もできることから、プログラミングとしての面白さを全て詰めたのがこの言語といえるのかもしれません。それに加えてライブラリが豊富なので大した苦労もなくかなり凄いプログラムも出来てしまうので、多くの人にとってこういった安易なところも気に入られる理由なのです。

Javaが採用されているものとは

Javaはその応用範囲が広いだけに、特定の案件をやるにはJavaしか選択肢がないという場面もよくあります。スマホのOSであるアンドロイドがその良い例で、Javaでしかプログラミングできませんし、一応HTMLなども使えるのですが、やっぱりこのOS向けのプログラミングをするとしたらJavaでしょう。そういった採用例の多さはJava特有で、Java自体の面白さというよりもJavaが採用されているプラットフォームの多さからJavaに魅力を感じるという人も多いようです。特にJavaであれば他のプラットフォームとの連携も簡単ですから、徐々に自分の世界が広がっていくことが実感できるでしょう。

Javaだけの素晴らしさ

他の言語にはないものがJavaにはあるということを多くの人は余り知らないのではないかと思います。それは何と言ってもライブラリの豊富さです。あまりにもライブラリが豊富なのでライブラリ一つ一つを眺めているだけでも楽しいという人も多く、はてなく広がるJavaワールドにはこういった楽しみもあるのです。ライブラリは実用性だけでなく、そこに込められた思いを比較することで、出来の良さなどが浮かび上がり、Javaを使い込んでいる人ほど自分の大好きなライブラリがあるものです。こんな言語本来のものではない、付け加わったものにも楽しみを感じられるのはJavaならではでしょう。

モバイルPC