プログラミングを楽しく勉強するには?

相対性理論

アインシュタインが相対性理論を説明するために、「ストーブの上に手を置くと1分も1年と感じられるが、恋人と一緒にいると1年が1分に感じられる」というたとえ話を披露したというのは有名なお話です。このように人の感じる感情や経験というのは、案外相対的なものでアプローチの仕方次第で良くも悪くも変えられるといえます。例えばどうしても苦手なことや真っ先に難しいという印象を覚えてしまったことに取り組まなければならない時、人は必要以上にハードルを高くしてしまいがちです。注目すべき点は、このような場合に好きとか楽しいという感情は起こりにくいということでしょう。当たり前と思われるかもしれませんが、恋人と一緒にいるのとは訳が違うということです。

好きこそものの上手なれ

しかし、人の脳というのは案外だまされやすいものです。例えば楽しいと感じる感情が笑顔を作り出すのか、あるいは表情が笑顔になるから楽しいという感情を覚えるのか、区別はあいまいなのです。従って表情を笑顔に近づけることで、楽しいという感情を引き出すことが出来るのです。しかもその笑顔は、他人に合格点をもらえるようなとびきりのビジネススマイルでなくても、単に自分を騙すことが出来ればよいのです。例えば口にペンを横向きにくわえると、口元が笑顔に近くなります。実はこれで十分で、脳はしばらくの後はドーパミンを出すよう促し始めるのです。そして楽しいという感情がいつの間にか沸き起こると、何の関係もなく行っていることが楽しいのと錯覚してしまいます。初心者がプログラミングを学習するのにこれほど役立つことはないでしょう。もちろん人によってはプログラミングを学習中に、「フロー」を体験するのかもしれません。これは経験者によれば、時間が経つのも周囲の物事にも自分自身についてすら、一切を忘れてとてつもなく集中し、そのためにどんな努力も必要としない状態であり、その間は大きな喜びを感じるというのです。さすがにここまでの経験はそうそう無いものでしょうが、自らの努力を最大限に集中させられる状態に喜びが伴うというのは道理でしょう。そして楽しければ創造的になり、アイデアも色々と浮かぶものなのです。

読書百編、意自ずから通ず

さて、口にペンをくわえてプログラミングを学習するとして、それを毎日同じ時間に同じ時間だけ行うというように習慣化に成功すれば、更に楽しくなるでしょう。人は見慣れたものが好きになるという単純さを持ち合わせています。また筋力トレーニングと同じように、脳も同じ認識経路を辿るという経験を繰り返すうちに習熟し、敢えて努力しなくても特定の判断や理解が速くなるという性質を持っています。つまり毎日目に触れてあちこちかじってみるということを繰り返すうちに、実際に体が先に動くようになるのです。

モバイルPC